3月27日に2019年の台風19号で鉄橋などが流され
不通になっていたJR水郡線の開通を祝うイベントが
常陸大子駅前で開催されました!

当初の予定よりも数か月早い開通とのこと。
関係者の皆さん本当に凄い。
そしてこれだけ歓迎されている水郡線って尊い。

そんなイベントにまちのこ団もお声がけ頂いていたので
きっと大子中や近隣市町からも
家族連れが遊びに来るから楽しい場を
設けたいと張り切って準備。
まちのこ団が大切にしている若者参画として
地元の高校生にも参加をしてもらい準備万端。


やることは決まっているので、
与えられたところで
いかに子どもたちやその親御さんなどを
安全にかつ楽しくワクワクする空間に誘えるかを考え
場づくりを行いました。


そしてイベント中は、
今までこの町で出会った親子や水郡線で来た家族連れ、
おばあちゃんおじいちゃんに連れられてきた子たちなど
この日だけの「居場所」に
多くの人々が訪れ、楽しんでいってくれたと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


また、何よりうれしいのは、今日の場づくりで手伝いをしてくれたみんなが
楽しみながら活動してくれたこと。
こういった形でまちと関わり、自分たちもできることがあると
シンプルだけど、それを体感してくれていること。
そういった、場を訪れる側と提供する側の双方が波長を合わせて
初めて場づくりは形になる、と思っています。


といいつつも、偉そうなことが言えるほどでもないし、
まだまだ改善すべき点、こうしたいななどありますし、
でも、それが見えてきて、
毎回少しずつ成長していけるのも
場づくりのだいご味。


声をかけてくれた同じ集落の方や大子町の仲間たち、
県内各地の友人知人のみんな、それとお忙しいにもかかわらず
わざわざ足を運んでくださったひたちなか市長の大谷明さん。
ありがとうございました!!
少しずつ、一歩一歩ですが子どものあそび場、居場所づくりの活動が受入れられ、
活動の範囲が拡げられるよう精進していきます。


引き続きご指導のほどよろしくお願いします!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA