茨城初上陸。
こどものまち、始まります!

開催しました!
「こどものまち・あじがうら」

【日時】
2020年1月19日11:00~15:00

【場所】イバフォルニア・ベース(朝日屋海の家)

      茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町434

同時開催:エコフェスあじがうら&
     Ibaforniaミニマーケット

当日の様子

View this post on Instagram

【こどものまち・あじがうら開催‼️】 本日、2020年1月19日(快晴)。 茨城県初の「こどものまち」を開催してきました。  前日の荒れ模様が嘘のようにさわやかに晴れ、 阿字ヶ浦海岸の海の家、 #イバフォルニアベース には想像よりも多くの こどもたちが詰めかけ、終日にぎわっていました!  今回は、 まずは県内での認知してもらうため、 プレとしての位置づけでの開催でした。  内容をマーケットに限定し、 一部大人が関わることもありましたが、 こども店長たちは自分のハンドメイド作品や、着れなくなったおさがり、自分のおもちゃ・カード、中には、プログラミングをして自分で作ったゲーム屋さんなどが集い、ひとつの「まち」が形作られていました✨  まちの起源はマーケットといいますが、 今日のこの空間には、確かに人が集まる「まち」が垣間見えました。 ここから、本当の「こどものまち」に成長していくよう、 継続して、仲間を増やし、認知度を高めて行きたいなと考えています。 茨城のこどものまちの歴史が、 あじがうらからスタートしました。 次につなげていきたいなと思います😆     実行委員として関わってくださる方募集中ですので、 ご質問でも結構です。お気軽にメッセージをください^^   ***********  「こどものまち」はこどもによる、こどものためのまち。 まちを一から作るという体験を通じて様々な経験を得られることを目的にドイツ・ミュンヘン発祥の体験型イベント。  茨城での定着を目指し、プレとして、フリーマーケットのまちを開催します!  次回以降の開催に向けて、実行委員メンバー募集中! お気軽にお問い合わせください♪    #茨城 #こどものまち #イバニー #こどものまち通貨 #あじがうら #阿字ヶ浦 #ひたちなか市 #まちづくり #子ども #こども市民 #こども店長 #まちのこ #まちのこ団 #あそび場 #プレイバス #団長 #イバフォルニア #LVS

A post shared by まちのこ団 (@machinoko.jc) on

こどものまちって?

ドイツ・ミュンヘン発祥の子どもだけで運営する“まち”を一からつくり、
体感するプログラム。日本では2000年代以降、
東京・千葉・神奈川・兵庫など各地で開催されてきています。
自由な発想と創造性を育み、
成功体験・失敗体験を積み重ね、
生きる力を身につけることを目的
にしています。

なにができるの?

こどもたちはこども市民となり、
フリーマーケットを出してお金(こどものまち通貨”イバニー”)を稼 いだり、こどものまちで仕事を見つけてお金を稼ぐこともできます!
売りたいもの、やりたいことを決めて、持ってきてね。
出店以外にも、出店している子の手伝いなどで参加できます。

★お店のレイアウトや装飾はご自身で準備してくださいね。
★会場内の「素材屋さん」にもいくつかレイアウトに使えるものを
用意しておりますが、数に限りがございます。

※ 今回はプレの位置づけですので、
本来の「こどものまち」の縮小版となっております。

こどものまちのあそびかた

① イベント当日までに売りたいものや、やりたいことを決めます。

② イベント当日、受付をして「こども市民証」とイバニー(こどものまち通貨)を受け取りましょう。

③ こども店長:こども店長ひろばでお店を出すし、モノを売ったり、体験教室をしたりしてイバニーを稼ぎます。

④ こども市民:お店で買ったり、体験したり、あそぶ。イバニーがなくなったら、お店を手伝ったりして稼げます。

⑤ こども店長もイバニーを使って、楽しんでください!

⑥ ③~⑤の繰り返しです!

⑦ イバニーは次回以降も使用可能なので、持って帰ってもよし、預けて帰るのもよしです。


全国各地の「こどものまち」の様子

子どものまち・いしのまき


こどものまちinちた


吉岡こどものまち